HOME | 相談事例2法人化

相談事例 法人化をご検討の場合

事例紹介 法人化をお考えのお客様

はじめに

 個人事業を長年続けている方で今後の事業計画にアドバイスが欲しいと、無料相談のご依頼を受けました。無料相談では事業の成長期の対応=法人化の是非がポイントになりました。

 無料経営相談の流れ


お問い合わせ

お電話口では具体的なお答えはしないように心掛けています
経営者としての経験も長く、こちらのスタンスをご理解くださっており、
大まかな事業内容や相談したい内容を簡潔に伺うことができました。
面談の日時だけを決めてお電話を切りました。
 

お客さまのサイトからの情報収集

ホームページから事業内容等を確認。活動エリアやビジネスモデルを把握します。
 
この地域の該当する業種の動向や地域経済の展望を調べ、
助成金・補助金の情報を収集。
電話口からのキーワードに合う制度についてまとめます。
 

法人化の場合の(簡単な)節税シュミレーション

事業規模からおおよその売上高を推測。
法人化することで主に納税面でどのように変わるかをシュミレーション。
プラス、法人で可能になる節税策から当てはまりそうな項目をピックアップ。面談時に備えます。

無料相談・(仮契約)

お会いしただけでもわかるくらい、パワーに溢れた印象の方です。
顧問契約を結んでくださることを決めてくれていたようです
相談の主なテーマは会社設立に。
計画書といった書面は一切無く、どうなることかと思いましたが、
お話を伺いながら、都度質問を投げかける形で進めることとなりました。
現状でも法人化する方がメリットがあることが分かりました。
口頭で質問をしながら現状を確認、節税策をいくつかご提案。
具体的な質問の受け応えをし、
その答えが「目から鱗」とメモしていました。
(今後、丁寧に進めていくので慌ててメモをとる必要はなかったのですが)
提携の司法書士に連絡、具体的な手続きへ動きます。 

面談・(契約)

顧問契約を締結
これまでの納税書類の一式をお預かりし、引き続き今後のことについて
打ち合わせを行いました。
 

そして結果は・・・

会社設立パックの適用により法人設立を行いました。
手続き開始から営業日ほどと短期間で設立も完了。
 
会社設立はとても奥が深く業種や今後の計画も考えて作成する必要があります。 
書店へ行くと会社設立の本はたくさん売られていますが、
経営者のキャリアが豊富な程、専門家に依頼する傾向があります。
経験的にその難しさを理解していることと、
時間を有効に使うことを念頭に、経営(本業)に集中したいと思うからです。
 
当事務所提携の司法書士・行政書士は有資格者が複数名在籍する事務所で、
幅広い業務と経験を備えている所です。
安心してお任せ頂いて結構です。
 
また、業種によっては県や管轄の省庁に届け出が必要なものもかなりあります。
その辺りのご相談やご依頼も可能です。
 
今後は法人として新しいスタートを切った会社の顧問税理士として
税務や会計の監査を行いつつ、
お客さまの夢の実現に向けて経営全般の支援することを継続させていきます。

おわりに

会社設立は、相談の多いテーマの一つで、今回は法人成りの事例を紹介しました。
 
ゆう事務所の自慢の会社設立パックは、
設立手数料0円、電子定款認証の利用により印紙代4万円も不要です。
設立を他所で依頼されるよりも、ご自身で設立するよりも、
お得で安心できるサービスとなってっております。
 
自慢の会社設立パック を用意しているのは、
本当に法人が今必要なのですか? 
ということを確認できる機会にと用意したプランでもあります。
 
事業の状態や展望を見てその延長線上に法人化があるはずです。
一歩タイミングを謝ると枷になることもあります。
 
当事務所が会社設立手数料を頂かないのは、
相談に来られた方に、設立前提の相談(=営業)では無く
安心してお話をしていただくためです。
当方は会社設立をしても、儲からないので無理に勧めることは絶対にありませんよね)
 
実際に個人事業者や創業準備段階の株式会社設立の相談うち
かなりの割合で無料相談時にメリットだけではなくデメリットも伝え、
その場で判断を求めること無く、一度は帰ってもらっています。
後日、相談内容からの追加情報をお伝えし、
その上で判断をして頂くようにしています。
法人化は節税や資金調達の錬金術ではありません。
慎重に判断すべきだと考えています。
 
そんな相談ができるのも
とことん話せる自慢の無料相談 と 手数料無料0円の自慢の会社設立パック がある
ゆう税理士事務所 ならではです。
ベストの答えを一緒に見つけましょう!
 
 
経営者と未来を話し合う。
それが、私の考えるサポートです。

連絡先

ご興味を持って頂けた方、お悩み・ご相談がある方、お見積もり、ご質問がある方。
どんなことでも結構です、無料相談を随時受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

電話番号
お問い合わせお問い合わせ