HOME | 調達総額1億円突破 | 神戸の女性税理士 | 日本政策金融公庫からの創業融資に強い

日本政策金融公庫の創業融資支援サービス

入念な打ち合わせ、自慢の資料作り、そして面談へ
全て私たちに任せてください


創業融資の常識非常識

Q. 指定書類「事業計画書」だけ持って行ってませんか?
Q. 一度借りると次は借りにくいのは知ってますか?
Q. 資金は当初計画よりも不足する傾向にある事を知っていますか?
Q. 審査に一度落ちると半年間再申請できない事をご存知ですか?
Q. ご自身での手続きは融資通過率は高くはないと知っていますか?
 
 答えは下記をお読みください

豊富な融資実績

日本政策金融公庫神戸支部で創業融資
小売業 1,200万円 1.01%
日本政策金融公庫神戸支部で創業融資
サービス業 870万円 0.86%
日本政策金融公庫神戸支部で創業融資
宿泊業 1,900万円 1.8%
日本政策金融公庫神戸支部で創業融資
教育業 1,500万円 1.16%
日本政策金融公庫神戸支部で創業融資
製造業 1,800万円 1.01%
日本政策金融公庫神戸支部で創業融資
美容業 700万円 1.1%
日本政策金融公庫神戸支部で創業融資
飲食業1,500万円 1.94%
日本政策金融公庫神戸支部で創業融資
 飲食業1,800万円

創業融資に日本政策金融公庫を勧める4つの理由

神戸の創業融資はゆう

業種:小売業、サービス業、宿泊業、教育業、製造業、理美容業、飲食業 他多数
借入先:日本政策金融公庫 他

 
日本政策金融公庫からの融資を第一に考えています。創業融資にオススメの4つの理由をご紹介します。

①創業融資に特化した国の機関

 日本は世界的に見て創業件数が少ないことから、政府が国を挙げて起業を支援しています。国家戦略として目標数も設けられていることからも、日本政策金融公庫は創業に理解が深い機関になります。
 また、創業向け融資制度の充実や条件面でも民間の金融機関よりハードルは低いと言えます。ただし、審査に落ちると同じ融資制度の申請は6ヶ月間行うことができないことは留意しないといけません。

「近年、日本の開業率は、微増傾向にあるものの4〜5%を推移。直近の平成27年度に5.2%まで改善するも「開業率を10%台を目指す」とする日本再興戦略に掲げる目標の達成に向けて、より一層の取り組みが必要不可欠である」
(中小企業庁 平成29年度以降に向けた創業・起業支援について)

 

②担保や連帯保証が原則不要

 近年は民間の金融機関も無担保、連帯保証ナシの融資を見かけますが、その分金利が当初から上乗せされていたり、審査が厳しいのが現実です。日本政策金融公庫の融資は担保ナシ・連帯保証ナシがスタートラインの制度が多数あります。国の機関ですので国が現在これらの廃止に向けて動いていることが背景にあると思われます。

 「日本政策金融公庫の新規開業支援資金等の貸付制度を利用する場合に、事業計画(ビジネスプラン)等の審査により、無担保・無保証人(本人保証無し)とする特例措置」(同上)

 

③安定した審査

 審査(採否、借入額、金利など条件)は、どの金融機関、どの時期であっても同じだと思っていませんか?民間の金融機関は株式会社であり上場された立派な営利団体。自社の決算を見て動きますしノルマもあります。ですので、時期・タイミングで結果は変わります。
 日本政策金融公庫は4月を改編期に年間を通じて安定した審査を行います。審査項目も基本的には変わらないので年間単位、地域単位でも審査内容が変わることは考えにくく、入念な準備が可能になります。
 

④将来的な民間の金融機関の融資獲得につながる

 日本政策金融公庫から融資を受けることで、その返済実績や融資自体を受けることができたという信用が、民間の金融機関での融資審査にプラスに働きます。創業数年では売上が高くても継続性や社会性で必ずしも良いアピールは容易ではありません。借り入れをきちんと返せているという実績は想像以上にプラスに働きます。今は目先の創業で手がいっぱいでしょうが、将来的に複数の銀行とお付き合いしていく必要があります。弊所は創業後の融資までみてサポートしていきます。
 

創業融資の自己資金要件が有利に!

通常、借り入れ希望額の1/3を自己資金として用意する必要がありますが、起業率を上げたいという国の政策から現在は1/10の自己資金で可能となっています。自己資金あたりの調達限度額が高い今、特に設備投資が必要な業種にはチャンスといえます。
 

オススメの融資制度のご紹介!

平成29年度の融資制度「新創業融資制度」「中小企業経営力強化資金」が創業者向けにマッチしやすいと考えております。他にも融資制度は多数ございます。状況や内容を見てご提案いたしますのでご安心ください。
 

新創業融資制度

融資限度額3,000万円(うち運転資金1,500万円)
無担保・保証人無し(原則)
想定:新たに事業を始める、または事業開始後税務申告を2期終えていない
   雇用の創出を伴う事業を始める
 

中小企業経営力強化資金

融資限度額:7,200万円(うち運転資金4,800万円)
無担保・保証人無し(融資限度額2,000万円まで)
ポイント:ご自身で申請する「新創業融資制度」と性質が似ておりますが、中小企業経営力強化資金は「専門家支援付き融資」になります。弊所は支援機関の認定を受けておりますのでサポート可能です。
 
 


日本政策金融公庫を利用する4つのメリット

創業融資は任せろ

①融資通過率が違います

 ご自身で融資申請した場合、融資通過率は50%以下と言われています。弊所から融資を依頼いただきますと95%以上の融資通過率になります。これまでの実績からの経験、情報収集、傾向分析。創業・起業者の顧問契約が多い税理士ならではです。

②金利が低くなる場合があります

 ゆう税理士事務所は「経営革新等支援機関」の認定を受けております。支援機関だけが申請できる融資制度もあり、ご自身で手続きした融資契約に比べ金利が低くなる場合があります。

③融資の申し込みから借入の口座入金までのスピード

  ご自身の申請では審査通過後1ヶ月ほどの入金ですが、弊所を通すことで2週間程で入金されます。創業の資金的にも厳しい時期、多くの起業家さまには1日でも早い入金が喜ばれております。

④融資面談は弊所にて立会いで行います

 審査の面談は当事務所にて私も同席で行います。 特に数字の絡む部分は私もフォローしながら進めていきます。
 何より、事前に弊所を介して公庫の面談担当者と大筋の話はついているのでリラックスして面談に臨むことができると思います。
 
 


日本政策金融公庫に強いヒミツは?

創業融資が強い理由

日本政策金融公庫への書類

 指定書式の事業計画書の作成支援では経営や会計を意識した記載が求められます。その中で夢や目標をいかに数字や文章に落とし込めば良いか?悩まれる創業者様が多いので特に丁寧に取り組みます。審査にはポイントがあります。ポイントを押さえつつ起業への思いを入れていきオンリーワンの事業計画書に仕上げます。
 また、オリジナル書式「ゆう式融資添付資料」が通過率の高さの秘密。規定の事業計画書に書ききれない・書くことができない情報や想いまで全てを審査担当者に伝えます
 弊所では事前に公庫の弊所担当者と交渉しています。面談は当日1回限りですが、事前交渉な何度でも可能。求められる以上の全てを担当者に届けることで知りたいこと、気になることに事前に応え、準備を整え面談当日を迎えます
 

日本政策金融公庫との融資面談

 ご自身で資金調達すると公庫の応接室でお独りで金融機関へ出向き、そこで書類を渡し、初対面の担当者の審査を受けます。事業に関する計画の質疑は経営や会計用語も入り混じり緊張を更に高め、後でああ言えばよかった・・・と後悔する声も聞きます。
 弊所ではこちらの事務所内で面談を受けることができます。もちろん、横には私も同席。担当者は事前に書類に目を通し、説明を受けている弊所を担当とする慣れ親しんだ担当者。お客様と弊所との事前打ち合わせもあるので、何より安心が違います
  

創業融資によくあるご質問

Q. 自分でやるのと同じじゃないですか?
A. 同じではありません。大きな違いでは調達額、金利、実行期間が挙げられます。調達額は書類の作成技術で違ってきます。金利は書類+申し込む融資の種類があり認定支援機関を通じて申し込む事で受けることができる融資制度もあります。実行期間はご自身だと約1ケ月、サポートすると早くて2週間で融資が実行されます。
 
Q. 認定支援機関って?
A.   認定支援機関とは経営革新等支援機関の呼称で、「中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です」(中小企業庁サイトより抜粋)融資に関しては日本政策金融公庫の中小企業経営力強化資金があります。ゆうコンサルティンググループには認定支援機関の認定を受けた組織があります。
 
 
Q. 書類の作成技術って?
A. 創業融資は日本政策金融公庫の制度融資を第一に検討します。実績の無い創業期でも無担保・無保証、希望額に届きやすい、国の銀行になるので起業を推進する政策と合致しているからです。日本政策金融公庫で例えると、融資の際は所定の用紙に記載し、審査を受ける必要があります。事業計画が中心になりますが、創業間もない経営者が一人で作るには厳しい部分があります。経営や会計用語や審査の勘所など融資審査時に審査側が知りたい事を的確にアピールする必要があります。また、追加書類としてオリジナルの用紙を使用しています。

 

Q. 面談では同席してくれるのですか?
A. ご自身で融資を受けようとすると、書類を作り、それを持って銀行へ足を運ぶ必要があります。カウンターで書類をチェックされ色々と質問されるのですが、その時に緊張から言いたいことが言えなかったと後悔する人も。サポートを依頼しますと、弊社に銀行担当者を呼んで、同席で審査を受けることができます。また、弊社と銀行側で事前にやり取りをしているので、銀行側もどんな会社がどんな目的で融資を受けたいのかを把握しています。リラックスして話せたと好評を頂いています。
 
Q. 一度自分でやって、落ちたら依頼してもいい?
A.  もちろん依頼頂いて結構ですが、基本的に一度審査に落ちると同じ融資制度の申請は6ヶ月間行うことができません。もちろん、融資額や金利も確定した後では変えることができません。自分で融資を受けた後訪ねて来られる方もおり、事業計画を確認していくと、もう少し借りておけばよかったと言う経営者が意外と多いです。依頼を悩まれてるのであれば、無料相談を受けてください。それから判断しても遅くはありません。
 
Q. 追加融資は難しい?
A.  創業で融資を受けた後に続けて受けることは難しいです。年数が経ち決算書で実績がアピールできる場合はいいですが、実績を出すための融資・創業融資となると厳しくなります。なぜなら、最初の創業融資で直近3年程の事業計画を出して受けているからです。実績が無い段階で計画通り行かない補填の融資は銀行側が好い顔をしないのは想像できると思います。大切なことは、しっかりと計画を立てて融資を受けておく事、CFを黒字になるように意識した経営をする事だと考えています。
 
Q.将来的な融資獲得の実績のために融資を受けた方がいいと聞きました
A.  キチンと借りてキチンと返せる実績は審査のプラスになることは間違い無いでしょう。ですが、その背景には経営が成長し安定していることが必要であり、その指標として黒字決算、CFの黒字化があります。日々の積み重ねの成果を金融機関は見ているという意味です。そのようなサポートプランも用意しています。弊社は会社の成長段階に合わせたサポートを用意しているので長く安心したおお付き合いが可能だと思います。
 

創業融資担当者よりご挨拶

創業融資に強い神戸の女性税理士
 
 

創業融資は”特別な融資”

 

 これまで企業内部で数十億の協調融資や外貨建ての資金調達・資金繰りなどの財務業務を経験してきました。そんな融資に慣れていると思われがちな私でも創業融資を”特別”と考えているのは、融資を受けなければビジネスが始まらないからであり、その融資で結果を出さなければ次の融資は無い、一発勝負だから です。
 キャッシュが尽きると経営は終わります。経営はいかにキャッシュフローを黒字にするか。創業融資では黒字の金額と黒字になるまでの期間をみて融資額を考えなければなりません
 だからこそ少しでも多くの金額を少しでも低い金利で借りる事が原則的な目標になります。そのためには融資審査の担当者を納得させる資料を作る必要があり、1万円でも0.1%でも条件が良くなるように一緒になって資料を作り込む事が大切です。そのためには経営力向上計画の認定を受けた低利融資もオススメです
 私たちは多くの創業融資をお手伝いしてきました。夢をカタチにするサポートは大変な面もありますが、お客様と面談し事業への熱い想いを伺うときや融資が通ったときの満面の笑顔を見ると”ご支援できて良かった”と我が事以上に心から嬉しくなります
 これまでの事例とノウハウを活かしてこれからもお客様の創業をサポートしていきます。どんな事でも結構です、無料相談で何でも質問してください。
 
連絡先

ご興味を持って頂けた方、お悩み・ご相談がある方、お見積もり、ご質問がある方。
どんなことでも結構です、無料相談を随時受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

電話番号
お問い合わせお問い合わせ